Skip to main content
ご予約はこちら
Happenings

GOLD BAR COCKTAIL FESTIVAL

3/3(日)  14:00 - 18:00

日本のホテルバーが主催する初めてのカクテルフェスティバル。アジア5ヶ国から、話題のバーやAsia‘s 50 best barsにランクインしているバーなどから、才能あふれる6人のバーテンダーが、この1日の為に来日します。


今最も勢いがあり、クリエイティブなカクテルが世界から注目を集めるアジアのバーカルチャー。そのなかでも話題のバーやAsia's 50 Best Barsにランクインしている5か国のバーから、6名のバーテンダーを招聘。それぞれ地域からのローカルフレーバーを巧みにミックスした、ここでしか味わえないエクスクルーシブなカクテルを含む、各バー2種類、12種のカクテルをフリーフローでご提供します。


前売りチケット7,500円(2月23日までの早割価格、正規料金は8,300円)
*消費税・サービス料込
*カクテルフリーフロー、オールスタンディング形式です。
*ご用意するカクテルの杯数には限りがありますので予めご了承ください。
 

予約方法
*事前決済が必要です。
*ご予約は、一休.com レストランまたはGold Bar at EDITION Tablecheckにて受け付けております。
*Tablecheckでご予約をいただいた場合は、ご予約から5日以内にPaysysにてご精算をお願いします。
*コンファメーションメールをチケットの代わりとさせていただきます。
*マリオット会員特典のご利用、メールマガジン割引は適用外でございます。
 

キャンセルポリシー
*イベント開催日から10日前より100%キャンセル料が発生いたします。
 

ゲストバーテンダーのご紹介

Cedric Mendoza (フィリピン:RECRAFT)
 
2013年、シンガポールのManhattan Barでバーテンダーとしてのキャリアをスタート。その情熱から自らの限界に挑戦し続け、3年でManhattan Barのヘッド・バーテンダーに昇り詰める。Manhattan Barは「The Asia's 50 Best Bars」2017、2018の2年連続で1位に選出、さらに「The World's 50 Best Bars  2018」3位にランクインする。彼の功績は、シンガポールのバーシーンを世界に知らしめることに貢献したと言っても過言ではない。現在、 ReCraftとPourhouseのマネージングパートナーを務める。 


Duong(Liam) Quy Lam (ベトナム:HYBRID)

Hybrid Nha TrangとHybrid Saigonのオーナー兼カクテルクリエイター。ベトナムとドーハで、10年以上ホスピタリティ業界に従事した後、2019年に自身のバーHybrid Nha Trangをオープンさせる。2020年1月、「Vietnam Cocktail Festival‘s Bar Awards」でベトナムのBest New Barに輝き、さらに同年、「Asia's 50 Best Bars」96位に選ばれる。その成功を受けて、ホーチミンのナイトライフシーンに進出。地元産の季節の食材や自家発酵した素材を使用したLiamのカクテルは、ユニークで革新的なスタイルで知られている。
​​​

Satoshi Sugiura (沖縄:EL LEQUIO)

20歳でバー業界へ。2018年にSG Groupに入社すると、「The Odd Couple」立ち上げのため上海へ移り住み、同店にて3年間バーマネージャーを務める。2022年、バーマネージャーとして沖縄の新たな店舗"El Lequio" の立ち上げのために帰国し、2023年、同店を沖縄初となる「Asia's 50 Best Bars 2023」80位ランクインへと導いた。自身は、カクテルコンペテイションに過去9回、ジャパンファイナリストとして出場。その他50回以上のゲストシフトやマスタークラスなどを行なっている。


Soko Son (韓国:SOKO BAR)

1920年代のバーカルチャーを反映し、東洋と西洋の文化を融合させたソウルのオーセンティック・クラシック・バーSoko Barのオーナー兼バーテンダー。非の打ちどころのないサービスと、クラシックなバーの知識に精通したバーテンダーたちが作るオーダーメイドのカクテルに定評がある。オープンと同年の2017年に「Korea Best Bar Award」の5位に選ばれると、 2021年より「Asia's 50 Best Bars」のリストにランクイン。最近では「Asia's 50 Best Bars 2023」46位に選出。Soko SonはSoko Barのほか、Carbonic BarとCOFFEE BAR Kの経営者でもある。


Vu (Will) Ngoc (ベトナム:ENIGMA)

バーテンダーとしてのキャリアをスタートさせると、その世界に魅了され技術と知識を深める。業界での10年以上の経験を経て、2022年にEnigmaをオープン。翌年、オープンから間もなく「Asia's 50 Best Bars 2023」96位をはじめ数々の賞に輝く。自身も「Bartender of the year 2022」、「Champion World Class Bartender Of The Year Vietnam 2021」などの受賞歴を持つWillは、ビームサントリーベトナムのブランドアンバサダーでもありジャパニーズウイスキーへの造詣が深い。


SANTANU CHANDA (インド:HOME)

バーシーンでの長年の知識と経験、情熱を持つSantanuは、世界中の権威あるミクソロジー・コンペティションで何度も優勝歴を持ち、HOME Delhiの舵取り役として同店を「Asia's 50 Best Bars 2022」30位、「30 Best Bar India」選出へと導いた。『カクテルとは、単にスピリッツとフレーバーをミックスしたものではなく、味覚、技術、プレゼンテーション、そしてカクテルに命を吹き込むストーリーといった芸術の縮図である』と語る。